なんで産後円形脱毛症になるの!?

幸せなハズなのになんで産後円形脱毛症になるの!?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

薄毛女性

 

 

 

赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいなハズなのに、なんで産後円形脱毛症になるの!

 

 

産後生活を楽しもうと思っていた矢先に、気づいたら産後円形脱毛症になっていたという人も多いと思います。

 

 

ここでは「産後円形脱毛症」の原因をみていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

産後円形脱毛症の原因は?

 

薄毛女性

 

 

 

産後円形脱毛症の主な原因は次の3つだといわれています。

 

 

 

 

 

1. 女性ホルモンの急激な減少

 

 

 

薄毛女性

 

 

 

妊娠中は赤ちゃんを育てる為に、女性ホルモンが大量に分泌されていました。

 

 

しかし、出産を終えると、今まで出ていた女性ホルモンの量が急激に減ってしまいます。

 

 

女性ホルモンには髪の毛を保持する働きもあるので、これにより今までキープされてきた毛が一気に抜け落ちることになります。

 

 

産後の体は元の体に戻ろうと色々な変化を引き起こすのでホルモンバランスも乱れやすくなります。

 

 

ホルモンバランスが安定しないので、新しい毛も生えてくることができず、薄毛の状態が続くことになります。

 

 

 

 

 

2. 生活習慣の変化や慣れない育児によるストレス

 

 

 

薄毛女性

 

 

 

赤ちゃんが生まれた後は赤ちゃん中心の生活になります。

 

 

夜鳴きをすれば起きて面倒をみなくてはいけませんし、昼間は昼間で授乳したり、おしめを変えたりしなくてはいけません。。

 

 

ちょっと昼寝を。。

 

 

そう思っても、やんちゃな赤ちゃんを放っておいて、寝るわけにはいきませんよね?

 

 

そんな休まることのない日常の中で、どんどんストレスが溜まっていってしまいます。

 

 

ストレスが溜まると血行が悪くなり、自律神経が上手く働かなくなるのでホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

 

そうなると、髪を育てるのに必要な栄養が行き届かなくなり、髪がやせ細り抜け落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

3. 栄養不足

 

 

 

薄毛女性

 

 

 

特に授乳をしているママは、母乳を通して赤ちゃんに栄養を送り込みます。

 

 

その栄養をもらって赤ちゃんはスクスクと育つのですが、あげる側のママの栄養が不足してしまいます。

 

 

ママの体内の栄養が少なくなると、健康を維持する為に臓器に優先的に栄養が送られます。

 

 

その為、頭皮や髪に栄養が行き届かなくなり、髪がやせ細り、落ちてきてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

こんな人は産後円形脱毛症になりやすい!

 

薄毛女性

 

 

 

次の人は特に産後円形脱毛症になりやすいといわれています。

 

 

 

 

 

● 高齢出産の人

 

 

 

年齢が高くなればなるほど、女性ホルモンは減ってきます。

 

 

産後に一気に女性ホルモンの量が減るのですが、これに輪をかけて女性ホルモンが減ってしまいます。

 

 

また、女性ホルモンの分泌量が減ることで皮膚も乾燥しやすくなり、抜け毛が一層増えてしまいます。

 

 

 

 

 

● 2人目の出産を終えた人

 

 

 

子供の数は多いほうが楽しいですが、その分、ママの心身にかかる負担が多くなります。

 

 

特に年子や年齢の近い子供などは、兄弟や姉妹間でケアの仕方も工夫しなければならないので、気を使うことも多くストレスも溜まりやすくなります。

 

 

ストレスが溜まると血行やホルモンバランスが乱れ、髪に必要な栄養が行き届かなくなります。

 

 

 

 

 

● 母乳育児をしている人

 

 

 

母乳育児をしている人は、母乳を与えることによって栄養が外に出てしまいます。

 

 

その為、体内の栄養が不足し、残った栄養は優先的に生命維持に重要な臓器に回されてしまいます。

 

 

結果、頭皮や髪の毛にいくべき栄養がなくなり、髪の毛が大量に抜けてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

産後円形脱毛症の対処法は?

 

薄毛女性

 

 

 

産後円形脱毛症になったら、次の事に気をつけて過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

 

● 栄養バランスの整った食事をする

 

 

 

産後に失われがちな栄養を補給するためには、次のものを特に意識して摂取するようにしましょう。

 

 

● タンパク質(大豆・肉・魚など)

 

● ビタミン群(緑黄色野菜・レバー・肉・胡麻など)

 

 

これらは、髪を作り育ててくれる栄養だといわれていて、バランス良く摂取することがポイントです。

 

 

忙しくてなかなか栄養バランスを考えている時間がないという人は、サプリメントなどを活用して栄養を摂り入れるようにしましょう。

 

 

 

 

 

● ストレスを溜めない

 

 

 

産後は育児と家事で大忙しですが、ちょっとした時間に散歩してみたり、ティータイムをもうけてリラックスしてみましょう。

 

 

可能であれば、家族にも育児や家事のサポートをお願いして、たまには一人で買い物に出かけたり、友達とおしゃべりするのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

● 育毛剤でケアする

 

 

 

食事で栄養を摂り入れたり、ストレスを溜めないようにするのと同時に行いたいのが育毛剤を活用した頭皮ケアです。

 

 

女性専用の育毛剤を使えば、女性に不足しがちな栄養を効率よく補う事ができます。

 

 

「ベルタ育毛剤」などは、ヘアケアに精通したベルタ社員による電話サポートがついてくるので、効果的な使い方や不安な点があればここで解決できます。

 

 

>>【ベルタ育毛剤】の公式サイトはこちら

 

薄毛女性

産後円形脱毛症が続く時は病院で相談を!

 

 

生理の再開と同じくらいのタイミングで、回復することの多い産後円形脱毛症ですが、産後1年半位を過ぎても治らない場合は病院で相談することも考えましょう。

 

 

この場合は、産後特有の理由以外での円形脱毛になっている可能性があります。

 

 

最初の相談は無料でできる病院やクリニックもあるので、気軽に相談してみてください。

 

 

薄毛女性

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加