育毛と発毛の違いなら

育毛と発毛の違いは何?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

育毛

 

 

 

薄毛対策をしている時によく耳にする育毛発毛という言葉。

 

 

「一体、何が違うの??」と思ったことはありませんか?

 

 

実は、この2つ言っていることは同じで、毛が生えてから抜けるまでの成長サイクル(ヘアサイクル)を正常化して髪の毛が自分の力で育って行けるようにサポートすることをいいます。

 

 

サポートの方法としては、血行促進や毛根の活性化、皮脂コントロールなどがあります。

 

 

その中でも一番効果的なのがスカルプケアの製品などで健康な髪を育む基盤となる頭皮環境を整える事だと言われています。

 

 

ちなみに、似たような言葉の「増毛」は、薄くなった部分に植毛などで人工的に髪を増やしてあげることをいいます。

 

 

確実で即効性もあり、最近では見た目もナチュラルなので、最近では、増毛しながら育毛や発毛ケアを行う人も多いようです。

 

 

また、この2つの言葉を使ったヘアケア「育毛剤」と「発毛剤」の違いは次の通りです。

 

 

育毛

 

 

 

 

 

【育毛剤】

 

 

髪の成長を促す成分が主成分で、頭皮の新陳代謝を活発にしたり、毛乳頭へ栄養を送ったりすることで脱毛を防ぎ、今ある毛髪の成長をサポートします。

 

 

また、有効成分が配合されていることが多いことから高い効果が期待できます。

 

 

 

 

 

【発毛剤】

 

 

毛母細胞に作用し、髪が抜けた後に新しく毛を生やすことを目的としています。

 

 

育毛剤が毛の維持を主目的としているのに対し、発毛剤は積極的に毛を生やそうとするもので、毛母細胞の活性化が期待できる成分が入っていることが多いです。

 

 

発毛剤は薬事法で医薬品に指定されたものが多く、薬剤師がいる薬局等で購入できます。

 

 

 

もう一つ【養毛剤】と呼ばれているものもありますが、これは脱毛を抑えて今ある毛を保護する点で育毛剤に近いと言われています。

 

 

頭皮環境を整える保湿成分以外に、皮脂やフケを抑制する成分も含まれていて、効き目が穏やかなのが特徴です。

 

 

薄毛女性

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加